日本ダムアワード2015のイベント賞の授与式で七ヶ宿ダムへ行ってきた!

Nao Machida // 2016/03/19


七ヶ宿(しちかしゅく)ダム
R
FNAWI
Ver.2

昨年暮れに行われた「日本ダムアワード2015」で、ダム愛好家のペーペーの分際でまたしてもイベント賞のプレゼンターをやらせてもらったアタクシでございますが……
既に日本ダムアワード公式ホームページ(ニュース記事)にてお知らせしておりますが、2016年3月19日、年度末の忙しい時期、しかも土曜日に無理を言いましてイベント賞授与式を行わせていただきました!(∩´∀`)∩アリガトウゴザイマス!!

自分が担当の賞の授与式ですので、遅刻なぞあってはならんとカナリ早めにこどものっけて車出して東北道を北上、安達太良(あだたら)SAで仮眠とって明るくなってきたしーとそのまま出発したら「二本松ICから先通行止め」Σ(゚∀゚ノ)ノファッ?! ……仮眠取ってる最中に二本松の先で事故があったようでICまで2キロ位渋滞になってました。結局ICまで500mってとこまで来たら通行止め解除されたので進むことが出来たのですが……皆様どうぞ安全運転で参りましょう、ほんとに。(そして私は道路状況確認してから出発しような、ほんとにorz)

こどもと一緒に出掛けているので、NOW2000さん単騎モード(何)にありがちな「目的だけにまっしぐら」な訳には参りませんので……

一旦市街地へ出て朝ごはんを頂いたり
(ごはん大盛りにできますよーて言われてお願いしたらこんなの来た)

栗本堰の円筒分水を見に行ったり

こども達が未訪問だった摺上川ダムに寄り道したり

新しくなった道の駅七ヶ宿さんへ寄り道したら
七ヶ宿ダム湖カレー出来て(2016年3月より発売開始!)て
びっくりしたりしつつ七ヶ宿ダムへ。

(Photo:夜鷹様)
資料館入り口にイベント賞受賞の張り紙をしてくださっていたり、七ヶ宿ダムニュースとしてダムアワードの紹介をしてくださっていたりと、管理所の皆様のお喜びの様子を改めて感じることが出来ました。

(Photo:夜鷹様)
授与式では記念品のトロフィーをお渡しし、記念撮影。(そしてムスメ乱入orz)

七ヶ宿ダム管理所の皆様と♪ (Photo:夜鷹様)

七ヶ宿ダム管理所の所長さんからお話を頂きました後、改めて七ヶ宿ダムについて説明をしていただいたり、受賞理由となった特別見学会について、企画のキッカケや気を遣われた点等エピソードを幾つかご紹介頂きました。

(Photo:夜鷹様)
授与式には、首都圏や地元宮城から総勢14名のダムファンがお祝いに駆けつけました。

前に訪問した時に気づかなかった町域看板。ここから七ヶ宿町。手前は白石市。
引き続き、ダム堤体見学(ダムアワード授賞式版w)を実施頂き、特別見学会で体験させて頂いたものを少し体験させて頂いたり、ダム直下まで行かせて頂いて直下からダムを愛でる時間を頂いたりと大変充実した見学をさせて頂きました。

日本ダムアワード2015開催時、会場ではご紹介した4つのイベントがどれも特色のある、特別感のあるものであった為、投票されるお客様もかなり頭を抱える状況であったと後日感想を伺ったりしており、正直レベルの高い選考になったように思います。
その中で七ヶ宿ダムの特別見学会に軍配が上がったのは、ダムファンの要望に応えてくださった点は勿論なのですが、「見せてもらう」スタイルが主体の見学会において、現場のお仕事に近い体験をさせて頂ける、実際の設備にさらに近づけるところの魅力が大きかったのではないかなと考えています。まさに「大人の社会科見学」という感じがダムファンのココロを鷲掴みにしたのかもしれませんね。

七ヶ宿ダムさんは、平日は随時見学を受け付けてくださっていますし、定期的に休日見学会も実施されていますが、更にディープな「特別見学会」、今後も企画していくとの嬉しいお言葉を頂きましたので、参加してみたい方は是非こまめに七ヶ宿ダム管理事務所のホームページをチェックしてみてくださいね。

私事でアレなんですが、もともと単騎で参加のつもりが夫の仕事の都合がつかず、こども達も連れて行くことになった上に、これまた普段の躾がなっとらん(偉そうに言うなw)ので式典中もフリーダムに動きまわり、大変に大変に参加者の皆様にはご迷惑をお掛けしてしまいましたこと、こんなところからですが重ねてお詫び申し上げますm(__)m

この度は日本ダムアワード2015のイベント賞の受賞、誠におめでとうございました!
これからも貴重な体験ができる機会が頂けることを楽しみにしております!(๑•̀ㅂ•́)و✧
場所: 七ヶ宿ダム

大きな地図で見る

0 コメント