片田ダム

Nao Machida // 2013/08/15


片田(かただ)ダム
E
W
Ver.1


アースダムと言えば、巨大な緑の土手……な印象なダムが多い中、この特徴的な姿。ダム便覧に掲載されている写真を見た時から、訪れてみたいと思っていたダムに行ってきた。
片田ダムにきたよー、っていうツイートとかSNSでの投稿は意識していることもあってよく目に留まるのだが、いつも「なんで遠目な写真なんだろなー?」と思っていたが、現地に行ったらそういう写真になるのも理解w

多分ここらへんから撮ってるんだろうなーという側道から入ってすぐの農道が交差して広くなってるあたりからの写真。……遠いw 遠いけどこの一面の田んぼと共に撮りたくなった。

朝から曇って居て、うすらガスっているがズームで捉えてみる。おおっ!ポコポコが見えたっ!ヽ(=´▽`=)ノ
堤体面にポコポコ植えられているのはツツジ。花の時期には堤体がピンクに染まる。ピンクのダムが愛でられるのは、おそらくここだけだと思われるので、いつかタイミングを合わせてピンクのダムを自分の目で愛でたいものである。

堤体下には津市の水道資料館がある。残念ながら早朝過ぎたのでまだ開館しておらず。
正直なところ、ポコポコ植栽が可愛いダム♡ といったイメージだけで現地に行ったのだが、このダム、津市の水源地として昭和4年に運用を開始した……ということは、80年以上も津地域の皆さんに水を供給する為に(それも今でも中心的な役割で)働いているダムなんだねぇ。
敷地内から古い建物(旧管理事務所)と歴史のある堤体を愛でられるとのことだったが、それはまた、次の機会に。

資料館の敷地の周囲は背の高い生け垣で囲われていて、その向こう側にあるダム堤体が見えないw なるほど、通りで遠景写真になっちゃう訳だ~と思いながら、しかしここまで来て間近に見れないのは悔しいので何とか生け垣の間から覗ける隙間は無いものか……とウロウロしていたら、「生け垣沿いに進むと堤体の側まで行けますよ~」との情報を頂いたので、土手をそろそろ歩いて行ったら

おおっ、ポコポコが目の前や!間近で愛でることができたヽ(=´▽`=)ノ情報ありがとうございましたー!


■DAM-DATA
ダム番号1320
型式アースダム
ゲート不明(左岸側にあるらしい)
ダム湖名片田貯水池 (かただちょすいち)
所在地三重県津市片田薬王寺町
河川名雲出川水系長野川
堤高・堤頂長26.6m・131.6m
総貯水容量1478千㎥
管理者津市
Web津市の水道施設(津市ホームページ)
本体着工/完成年1921年/1929年
場所: 片田ダム

大きな地図で見る

0 コメント