白川ダム

Nao Machida // 2013/08/18


白川(しらかわ)ダム
E
FA
Ver.1

夏休みのダム巡り、実家から戻る際も勿論ダムに寄っていくわけでして。早朝に神戸の実家を出て奈良県へ。
天理市内にそーっと入って着いたのが白川ダム。ダムサイトに入ろうとしたら、何やら入口で野球のユニフォーム着たおじさんが此方を見ている。

男性「あのー駐車券持ってはります?今日の試合関係者以外停められへんのですわー」
私「いえ……そのすんまへん、野球やのうて、白川ダムを見に来たんですけども(汗」
男性「は?……あ、ダム?ダムなんか見るの!水しかあらへんで?……まぁええわ、ほな奥の方に車つけて見はったらええわ~~」
私「えらいすんまへん、ちょっとお邪魔さしてもらいますわ~~」

毎度思うが、ダム見たいって言うと「は?何言ってんの、あんなの見たいの?」ってなる地元の人、多いよね……あんなのじゃないよ、地域の為に立派にお仕事してるんだよ/(^o^)\

……てな感じでダム堤体脇に車停めさせてもらってダム見学スタート。うん、アースダム。

……って、あれ。管理事務所とか向こうやんかwww/(^o^)\。しばらく眺めた後、野球のおじさんにお礼しつつ建物の方へ向かって移動~w

明確な駐車スペースはないけど、管理事務所手前がかなり広いスペースなので、そこに車停めさせてもらって。

洪水吐。自由越流式ですな。

下流側。スパーンと長い滑り台。

洪水吐にかかっている橋を渡るとダムサイト。白川ダムと彫り込まれたでっかい石碑が迎えてくれた。

湖畔にひっそりと白川ダムの案内板。元々あった溜池を嵩上げして貯水容量をUPして周辺へのかんがい用水補給を行っているそうだ。

管理事務所でダムカードを頂いて、ホクホクしながらダム湖を眺めると目の前に取水塔。
そうそう、ダムカードと一緒にお手製のダムカードの説明プリントも頂いたよ。

古都奈良にあるダムらしく?お寺さん風味で、ちょっと取水設備とは思いづらい感じ。中に仏像とか入ってそうな……。

白川ダムからのかんがい用水は「白川農水パイプライン」で配水されているらしい。この奥に土地改良区の事務所があるっぽいんだが……

まっ、夏休みだし閉まってました/(^o^)\。

余談。冒頭にもかるーく書いたけど、ここは天理市で、天理教さんのお膝元。周辺の土地も天理教さんの所有地らしく、こんな看板をあちこちで見かけたよ。山に入る時は、私有地かどうかはよく調べてから入るようにしないといけないね。


■DAM-DATA
ダム番号1572
型式アースダム
非常用洪水吐自由越流式
常用洪水吐
低水管理設備
ダム湖名白川溜池 (しらかわためいけ)
所在地奈良県天理市和爾町
河川名大和川水系高瀬川
堤高・堤頂長30m・516m
総貯水容量1360千㎥
管理者奈良県
Web白川ダム(奈良県奈良土木事務所ホームページ)
本体着工/完成年1971年/1996年
場所: 白川ダム

大きな地図で見る

0 コメント