筏津ダム

Nao Machida // 2016/09/16


筏津(いかだづ)ダム
G
P
Ver.1

高知県にある筏津ダムに行ってきました。堤高はあまり高くないダムですが、ニョキニョキ生えてるゲートピア、堤体真ん中にどーんとアピールする滑り台(ぉぃ)が印象的。
筏津ダムは、ルートによっては右折進入になるので訪問時は注意してくださいね。進入路からすぐの所に数台分の駐車スペースがあります。
駐車スペースにはとてもとても分かりやすい「四国堰堤ダム88箇所巡り(※)」のハンコ置き場w百葉箱をアレンジされてて面白いなぁと思いましたw
※「四国堰堤ダム88箇所巡り」については公式サイトで詳しくご紹介されていますので、興味を持たれた方は是非チェックしてみて下さいね☆

もちろん、ハンコだけ押してさよなら~って訳には参りません(`・ω・´)ゞ。お邪魔しま~っす♪
すぐ見えたのは「仁淀川第三発電所」と書かれた建屋。筏津ダムは四国電力さんの発電ダムです。

発電所に沿うような形で魚道が整備されています。勢い良く流れる水。

そして特徴的なのが、このでっかいすべり台(ぉ。魚道に沿った場所と、堤体の真ん中にどーんと作られてました。今までいくつかダム見てきてるけど、下流側にこう突き出てるのは印象にないので、かなり特殊な気がします。どうしてこういう形を取ったのか、気になるところです。

気になったと言えばこれも。魚道の近くに横向きのゲートがあったんですよね。始めは発電所への取水口かと思ったんですが、堤体の下流側にあるわけないだろと。点検等で発電しない時のスルー先でしょうか??

天端を渡りきった左岸側に慰霊碑がありました。

その向かい側にはまた横向きのゲートが。ええーっ、ここも横向き?!謎が深まる……。

しかしその回答は四国堰堤ダム88箇所巡りの筏津ダムのページにありましたw
ふと思い出したのです。ハンコの場所を示してくれてる図が筏津ダムの図面だったな、と。で確認したら堤体の中を水路が通ってるんですね。そしてでっかいすべり台の謎もそこで解けた。あの下に水車あるんだ。なるほど、すげー。
気になる方はリンク先チェックしてみてくださいね^^

ハンコ押した時に、手作りのダムカード配布しています、という紹介があったので、管理事務所にも立ち寄りました。「手作りなもんで、出来が左右してしまってお恥ずかしいんですが…(^^;」と照れくさそうにお渡し頂いたカード、丁寧なラミネート加工が施されたカードでした^^ 是非、頂いてきてくださいね♪

許可頂いて、管理所敷地内からも筏津ダムを愛でます。図面を把握してから眺めると、あぁ、そこを水流れてるのかーなんて分かったりしてちょっと嬉しいw

ちなみに天端、車両通行が制限付きながら可能です。轍を見る限りギリギリな感じで車通行する感じですが…w
筏津ダム、とても面白い構造のダムでした。

■DAM-DATA
ダム番号2310
型式直線越流型重力式コンクリートダム
非常用洪水吐自由越流式
常用洪水吐ローラーゲート×4門
低水管理設備
ダム湖名
所在地高知県高岡郡越知町
河川名仁淀川水系仁淀川
堤高・堤頂長25.5m・141.7m
総貯水容量1837千㎥
管理者四国電力
Web
本体着工/完成年1956年/1958年
四国88堰堤第36番堰堤札所
駐車スペース国道33号から進入路入った付近、数台分の駐車スペースあり
トイレ
おむつスペース
※記載情報は訪問した時点の情報です。状況が変わっていることがありますのでご了承ください。
場所: 筏津ダム

大きな地図で見る

0 コメント