久々の秋ヶ瀬取水堰

Nao Machida // 2017/02/26


秋ヶ瀬取水堰
MB
NAWI
Ver.4

我が家から最寄りのダムというと東京都の村山貯水池(多摩湖)になるんだけど、まぁそこまでの片道30キロ弱のお出掛けすらままならないプライベートのドタバタぶりで。このまま身辺落ち着くまでダム巡りは引き続き厳しい状況の中、週末に荒川調節地(彩湖)の近くまでお出掛けする機会があったので…たまたま近くに行ったので…そう、たまたまですよ偶然ですよ、と寄ってきました秋ヶ瀬取水堰!(∩´∀`)∩←

比較的近所なので暇があれば通ってるつもりでいたのですが、去年は遠征が多かったので後回しになりがちで…前回の訪問記録は昨年の1月下旬とな/(^o^)\1年ぶりの訪問となりました、うわ~、ご無沙汰してましたごめんなさい~~m(__)m。

…と、やってきたんですが、私の知ってる風景じゃなく。土手を超えたらスパーンと見えるはずの取水堰の手前に重機やら土の山やら…単管バリケードのイルカさんの大行列とか…(埼玉の工事現場だからここはひとつコバトンのご当地バリケードでお願いしたいとか思ったのは秘密だよ☆)

秋ヶ瀬取水堰に近い一角に工事の説明のパネルが設置されてました。利根導水路の地震対策の大規模工事のひとつで、朝霞水路の副水路の取り換えを行っているようです。あわせて秋ヶ瀬取水堰から堤防まで続く長い通路の補強も行うのかな。

工事の案内だけでなく、東屋が作られてました。説明パネルだけ掲示するんじゃなくて、お花で飾ってたり、ご意見箱おいてあったりと工夫されてました。

休憩所から秋ヶ瀬取水堰を愛でる。各地に伸びる通路がこれまた連携感だしてて好きなのよねぇ。

工事の関係なのか、この時期的なものなのか、右岸寄りのゲートから流れる水の勢いが弱かったので、水位が心持ち低めなのかな~?とか思いました。(秋ヶ瀬取水堰は荒川河口から35キロの位置にありますが、ここまで川を区切る設備は無いので海水があがってきますので、堰の下流側は潮位に連動して水位が変わります)

釣り場としても人気な秋ヶ瀬取水堰、この日も釣りを楽しんでいる方がたくさんいらっしゃいました。

左岸側の土手でもなにやら重機が動いてました。あちらも関連した工事なのかなぁ?

宗岡取水門の周囲にも工事資材がちらちら。段階を追って堤防までの間の水路を取り換えていってるのかな~。なお、現在工事しているのは副水路なので、取水には問題なく、こちらから都民の皆さんが使うお水をこの瞬間も取水しています~( ´∀`)bグッ!

子「えーっと。ここから取水されて朝霞浄水場に送られてるんだよね!」
母「おw よくできましたw」
子「毎回同じ説明される前に言っておいただけ!ヾ(*`Д´*)ノ"」
母「あはw それは失礼致しました/(^o^)\」

■BARRAGE-DATA:初回訪問時の情報をご覧ください。
場所: 秋ヶ瀬取水堰

大きな地図で見る

0 コメント