奈良俣ダムに寄ってきた

Nao Machida // 2013/08/20


奈良俣(ならまた)ダム
R
FNAWIP
Ver.2

矢木沢ダムの見学をした後、次のイベントの開始時間までそこそこ時間があったので、奈良俣ダムへ行ってきた。
雨が降ったりやんだりしていたので、川霧が出ていたよ。
まずはダム下から堤体を愛でる……んだけど、訪問時はダム下から天端まで繋がっている遊歩道の整備で工事中で散策できず。工事は年内一杯を予定しているそうなので、来年の春までおあずけかな~(´・ω・`)。


更に車を進めてダムサイトに到着。PR施設「ヒルトップ奈良俣」の展望エリアから堤体を望む。洪水吐きのゲートピアが巨大。でもっておしゃれにカバーされているよねぇw 遠目で見てる限りだと機械らしさが減っている感があったりする。

とりあえずお昼時だったので、併設されている売店で奈良俣ダムカレーをムスメと分け合って食べた。ムスメにはちょっと辛かったようで、ご飯と福神漬だけがっつり食べられた/(^o^)\

お腹一杯になったところで腹ごなしに天端を散策。洪水吐ゲートからダム湖を望む。……うん、、水位低いなぁ。(´・ω・`)

ゲートの真下から見上げる。う~ん。間近でみると、ザ・巨大建造物ヽ(=´▽`=)ノ。

どれ位でかいって、コレぐらいでかいからね。真ん中のゴマみたいなのがムスメさん。ちっさ。

洪水吐ゲートから下流側を望む。この長~~い滑り台を試験放流で水が流れて行くわけですよ……。矢木沢ダムさんと一緒に試験放流する時には見に行きたいなーと思ってる。

天端をさらにテクテク。ロックフィルダムだとお馴染みな、岩とチェーンで構成されてる柵がゴツゴツ感を強調してる。比較対象になるものが見えないと大きさの見当がつかないかもですが……。

身長が95センチぐらいのムスメと比較してもらうとイメージつきやすいかな。1つの岩は、意外と大きいんだよねぇ。

天端から左岸側に戻って来て、奈良俣ダム建設時に使われたダンプカーの巨大なタイヤにビックリなムスメさん。

あんまりノンビリし過ぎると、矢木沢ダムのイベントに間に合わなくなってしまうので、ダムカードもらいに行くことに。


訪問したのが平日だったので、ダムサイトからちょっと離れたところにある管理事務所に行ってダムカードを無事ゲット。休日は管理事務所は開いていないので、ヒルトップ奈良俣のカウンターにある封筒に記名して後日送ってもらう形をとっているのでご注意。
管理事務所からダム湖を望む。山の地肌が結構見えていて、水位の低さを感じる(´・ω・`)。まとまった雨が降らないと、安心出来ないなぁ……。

管理事務所へ行く途中に建設碑と彫られたモニュメントがあった。ロックフィルダムの構造を示すような土台と、ダムを作っている作業員さんの像。


■DAM-DATA:初回訪問時のデータをご参照下さい。
場所: 奈良俣ダム

大きな地図で見る

0 コメント