橇引沢溜池

Nao Machida // 2015/05/02


橇引沢溜池(そりひきざわためいけ)
E
A
Ver.1

胆沢ダムから湯田ダムへ移動する際に通りがかったのが橇引沢溜池。「そりひきざわ」と読む。



道中、黒沢川流域の水源林や農業用施設について示している大きな看板があった。
美味しい農作物を作るためにはきれいな水が必要で、そのきれいな水を得るには、水源林の手入れが大切だということを説明している素敵看板だ(∩´∀`)∩ワーイ
でこの先が分かれ道になっていて、両方にダムの名前があったので、それぞれ立ち寄ってみよう~~

……というわけでやって来ました橇引沢溜池。農業用施設ということで勿論かんがい目的のダム。
ふらっと立ち寄ったので下流側から愛でられるかどうか分からなくて天端付近から失礼~w

ここだけ見たら起伏に富んだ草っぱらのようですが、ダムです。

洪水吐は自由越流式ですな。

ダム湖側はコンクリートで護岸されてました。隙間から生えてる草がよく育ってるw

下流側に伸びる長い滑り台。(∩´∀`)∩ワーイ

左岸脇に少し広いスペースがあって、竣工記念碑等の石碑がドドンと設置。町や村とか土地改良区みたいなところが管理運用しているのかなと思ったら、管理者は個人となっていた。個人管理のとこって初めてかもしれない。

その脇にダムの諸元が書かれた看板があった……んだが
しろーーーーい\(^o^)/

……とか言って親子でキャッキャうろついていたら、大きなトラックがやってきた。運転手のオジサン、我ら母娘を怪訝な顔で眺めながら天端を渡って森の中に消えていった。オジサンも不思議だったと思うが、私も何処へ行くのか不思議だったw


■DAM-DATA
ダム番号230
型式アースダム
非常用洪水吐自由越流式
常用洪水吐
低水管理設備
ダム湖名
所在地岩手県胆沢郡金ヶ崎町
河川名北上川水系黒沢川
堤高・堤頂長23.5m・142m
総貯水容量1686千㎥
管理者個人
Web
本体着工/完成年-/1935年
場所: 橇引沢溜池

大きな地図で見る

0 コメント