高根第一ダム

Nao Machida // 2015/10/31


高根第一(たかねだいいち)ダム
A
P
Ver.1

中部電力さんの高根第一ダムでダムカードの配布を始めるという情報が入った。中部電力のダムでダムカードを配布してるとこというと、大井川水系の大井ダムとか畑薙第一ダムとか大間ダムとかだけだったんじゃないかな?他の水系も出してくださるとは!!しかも飛騨川ってまだ行ったことないやん!!(ガタッ)……ってな訳でこども達と一緒に行ってきた。


……行ってきたのはいいんだが、出るのがとても遅くて、長野県に入ったのが昼過ぎていたという体たらく。の上に、通り道にあった奈良井ダムに立ち寄ってダムカード頂いたりしてほんと時間が足りない~~と焦りつつ移動。


途中通った九蔵峠の展望台からは御嶽山と麓に広がる紅葉がすごかった。逆光になってしまったので写真はまともに撮れてないんだけどw

高根第一ダムは、中部電力が作った発電ダム。中部電力で初のアーチ式コンクリートダムである。クレスト部に2門、コンジットも1門ゲートがある。右岸側にあるインクラインからお水だばだば。インクラインに係留される船がちょっと沖の方にいらっしゃるw。左岸側には取水塔が見えた。

高根第一ダムは、下流にある中空重力式の高根第二ダムとの間で揚水発電の上池となる。アーチの堤体の高さは133mあり、飛騨川で一番背の高いダムになる。

ダムサイトには広めの駐車スペースや休憩スペース等があった。

展望台もある。階段の一番下のバリケードの意味に迷いつつ……禁止の文字(が書かれたもの)は見当たらないから登ってみましょうか。

登った先には水神様がお待ちになっていた。お邪魔しま~す(ペコリ)

でまぁ、展望台からもダムを愛でるわけだが高根第一ダムの悲しいところは堤体にお近づきになれないこと。無情にも管理事務所のゲートは閉じられておr……ん?

ゲート開いてるやーーん!!(∩´∀`)∩ワーイ
……ってメンテナンス作業の方々が入構しているのであって、解放しているわけではなーい!( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン ……(´・ω・`)ハイリタイナー。

そんな管理所のゲートには真新しいダムカードの紹介パネルが結び付けられてたよ。ダムカードは管理事務所では配布していなくて、ここから8キロ程下流にある道の駅「飛騨たかね工房」さんで配布している。ダムに行ってきた証拠として、写真を見せるか今日のダムの様子を説明する必要があるので注意。


というわけで、道の駅へ向かうべく移動開始。お、ダムチラしてるやないかー!とカメラを構えるものの、木が邪魔して殆ど見えない。見えないんだけど、赤いゲートは確認できた。夏場ならもっと見えないなコリャ……下流面しっかり観たいのに~と思いながら少しトボトボ歩いたら……

プラント跡地らしき広場越しにだいぶ見えたー!!(∩´∀`)∩ワーイ
もうちょっと下まで観たいので、見物スポット(物見櫓みたいなの)作ってくださらないかしら……(´∀`*)ウフフ

寄り道しつつも、何とか道の駅に時間内に到着できて、ダムカードと道の駅の記念きっぷの両方を入手できたよ(∩´∀`)∩ワーイ

そうそう、道の駅の外で売ってる飛騨牛串が大変美味しかったので、ダムカードもらいに行った際には是非食べてみて欲しいです(๑•̀ㅂ•́)و✧


■DAM-DATA
ダム番号1105
型式越流型アーチ式コンクリートダム
非常用洪水吐テンターゲート×2門
常用洪水吐コンジットゲート×1門
低水管理設備
ダム湖名高根乗鞍湖(たかねのりくらこ)
所在地岐阜県高山市高根町
河川名木曾川水系飛騨川
堤高・堤頂長133m・276.4m
総貯水容量43568千㎥
管理者中部電力(株)
Web
本体着工/完成年1963年/1969年
場所: 高根第一ダム

大きな地図で見る

0 コメント