初瀬ダム(高知)

Nao Machida // 2016/09/16


初瀬(はつせ)ダム
G
P
Ver.1

高知県にある、初瀬ダムにきました。離合厳し目な細い道を暫く行ったら分岐路に。門扉は無かったのでズイズイ進入しちゃおうかと(道に余裕が無かったので)思いましたが、判断に自信がなかったので進入路近くに車を置いて駆け足見学。
初瀬ダムというと、奈良県にある初瀬(はせ)ダムを思い出しました。同じ漢字ですが読みが違うので注意。あちらはゲートレスのダムでしたが、こちらはゲートあります。

左岸側からてくてく歩いていきます。天端はゲートがあるところでクランクに。道幅はあるけど施設になんややらかしてしまったら偉いことなので手前に車置いて正解だったかな…

ふと下流側を見ると魚道がありました。2往復の長く高さのある魚道です。

金網越しにゲートの巻き上げ機を見学。間近に扉体は見ることはちょっと難しそう。

天端を歩きながら上流側をちらり。お水キレイ〜。

更にずんずん進んでいったら、右岸側に管理事務所がありました。

事務所前から堤体を望む。魚道のつづら折りがよく見えました。

上流側からも堤体を望む。ゲートは真ん中に4門。その両サイドに自由越流式のゲートが2門ずつ、計4門という構成。

こちらも「四国堰堤ダム88箇所巡り(※)」の札所になっています。ダムへの進入路の付け根あたりにひっそりハンコありました。私、ハンコは事務所建屋の方かなと思ってウロウロ探索してしまい…w 事前にハンコの場所はしっかり把握してから訪問しないとですorz
※「四国堰堤ダム88箇所巡り」については公式サイトで詳しくご紹介されていますので、興味を持たれた方は是非チェックしてみて下さいね☆

駆け足で見て回ったのでざっくりな内容ですが、魚道が印象に残ったダムでした。

■DAM-DATA
ダム番号2302
型式直線越流型重力式コンクリートダム
非常用洪水吐自由越流式×4門
常用洪水吐ラジアルゲート×4門
低水管理設備
ダム湖名
所在地高知県高岡郡梼原町
河川名渡川水系梼原川
堤高・堤頂長23m・112.5m
総貯水容量1454千㎥
管理者四国電力
Web
本体着工/完成年1935年/1937年
四国88堰堤第38番堰堤札所
駐車スペース駐車スペースと定義されたスペースは無い。
トイレ
おむつスペース
※記載情報は訪問した時点の情報です。状況が変わっていることがありますのでご了承ください。
場所: 初瀬ダム

大きな地図で見る

0 コメント