赤瀬ダム

Nao Machida // 2016/11/17


赤瀬(あかぜ)ダム
G
FN
Ver.1

ダム巡りをはじめてそろそろ4年が過ぎ、色んなダムを見る機会を頂いてきた中で、最近は小ぶりのダムが好きだなーなんて思うようになってきている、そんな時に訪れたのが赤瀬ダム。

右岸側にある駐車スペースに車を置いて、ひょいっと覗き込んだら雨でしっとり濡れたお姿が(∩´∀`)∩ワーイ
うん、なんというかこれぐらい。これぐらいの大きさが何かいいんですよ最近。

 つついーっと天端まで行って、下流側を望む。キレイに刈り込んであるので見晴らしよし〜♪
なんて思いながら探索したかったんですが・・・
寒〜〜〜〜い!!
私、寒さには比較的耐性のあるほうで、結構冬場でも薄着なんですけど、なんなのこの寒さ!!って震え上がる寒さで、慌てて車に戻ってダウンジャケット引っ張り出して着込んでブルブル震えていたら、近くに住むダム好きさんが駆けつけてくださいました(∩´∀`)∩ワーイ

更に進んで上流面をチェック。ん?堤体がよく見えるぞ?。

上流側を望む。お水なーーい。ダムの目的はF(洪水調節)とN(不特定利水)。なるほど、洪水の時しかお水貯めないタイプの子なのね。

赤瀬ダムのモニュメントありました。ダムをイメージしてる感じしますね。そして赤瀬だからか赤い石使ってる。

彼のナビゲートで下流側のビューポイントへ移動。ゲートのみなさんがよく見えるベスポジにホクホクしながらダムを愛でる。クレストは2門の大きめなゲート、下にはコンジットゲートが一つ見える。お水貯まってはないけど、上流から来てる水が流れていた。赤瀬ダムは堤高は38mと低めですが、堤頂長は180mある横長タイプのダム。コンパクトなダムとはいってもそこそこ大きさを感じられる、なかなかバランスの良いダムだなぁなんてしばし眺めながらダム談義w
遠方に出てる時は人と会えると嬉しいものでついつい長話。フラッとやってきた私のために時間を割いて頂いてありがとうございましたー(∩´∀`)∩ワーイ

■DAM-DATA
ダム番号0917
型式直線越流型重力式コンクリートダム
非常用洪水吐ラジアルゲート×2門
常用洪水吐ラジアルゲート×1門
低水管理設備ローラーゲート・スリーブバルブ
ダム湖名赤瀬湖 (あかせこ)
所在地石川県小松市赤瀬町
河川名梯川水系梯川
堤高・堤頂長38m・180m
総貯水容量6000千㎥
管理者石川県
Web
本体着工/完成年1968年/1978年
駐車スペース駐車スペースあり
トイレ駐車スペース脇にあり
おむつスペース
※記載情報は訪問した時点の情報です。状況が変わっていることがありますのでご了承ください。
場所: 赤瀬ダム

大きな地図で見る

0 コメント