草木ダムのクレスト放流を見てきた

Nao Machida // 2013/03/05


草木ダム
G
FNAWIP
Ver.2

東(あずま)発電所の点検に伴う取水停止のため、草木ダムでクレストゲート等を利用した放流を行うとの情報を得たので、見に行ってきたよ。


余裕を持って現着する計算だったはずなのに、事故渋滞とかちょこちょこ食らって到着したのは放流開始直前ww でも何とか間に合って良かったです/(^o^)\

草木ダム管理所のお知らせには3月4日〜8日までとなっていたが、クレストゲートからの放流は3月4日・5日・6日の三日間に、5回に分けて実施された。私は5日の午前(9時〜10時40分)の放流を見学した。写真の通り、1門の放流で、一番右端のゲートから放流が行われた。



現地で大慌てで携帯電話をセットしてUSTREAMで映像を配信した。慌てっぷりが出まくりな斜めった映像(な上にムスメとの会話とかモロ入りまくりでお恥ずかしい/(^o^)\)ですがよろしければ放流開始の映像もどうぞっw

ゲートをよくみると、人影が\(^o^)/ 同行した女性陣は口をそろえて「わ〜〜あそこから見たい〜〜!!」と羨望の眼差し。人がいることで、ゲートの大きさがよく分かる。改めてダムの大きさを実感した。

ゲートは10分毎に3センチ位ずつ、開度を上げて(広げて?)いて、ゲートが動くと放流される水が一瞬茶色くなるので遠くから眺めている私でも「あ、今ゲートに変化があったんだな?」と分かる感じ。流量が少ない時は、流れていく水紋がキレイだな〜という感じだったが、どんどん流量が増えていくと真っ白に。
ただ、あまり沢山流す計画では無かったようで、副ダムから水が越流するまでには至らなかった。

ダム下からの眺めを堪能した後、上からも眺めて見ましょうということで天端へ。時折状況を確認しにくる職員の方に流量について尋ねたりしたが、快く対応いただいて嬉しかった。

途中、ダムカードをもらいに管理事務所に行ったついでに左岸側から放流の様子を・・・とカメラを向けたが、残念ながら水は見えなかったwwそうだよね〜両サイドは高くなってるよねぇ/(^o^)\

改めて放流中のクレストゲートの真上まで行って覗きこむこと十数分、気がつけば午前の放流の時間が過ぎていた。職員の人が連絡を取り合ったあと、バルブからの放流が再開。その後クレストゲートが閉じられ、午前の放流は終了となった。
終わったね〜と話していたら、職員の人が「昼からもやるよ(^−^)♪」と声をかけてくださったw
ダムの見学に行って思うことは、どこのダムに行っても職員の方や作業員の方がフレンドリーに接してくれることが多いこと。今までにダムを見学に来られている先輩方が作り上げた絆というか空気感というか。こう、優しく接して貰えると、また来ちゃおう、と思ってしまう。そして、また今後も末永く良い関係が続けられるよう、マナー良く見学を楽しんでいきたいと改めて思うのである。

■DAM-DATA:初回訪問時のデータをご参照下さい。

場所: 草木ダム

大きな地図で見る

0 コメント