小田切ダム

Nao Machida // 2014/10/18


小田切(おだぎり)ダム
G
P
Ver.1

笹平ダムから更に犀川を下って小田切ダムへ。左岸側の道に少し車を停めさせて頂いて…


下流に橋がかかっていたのでそこから堤体を望む…

ん~ちょっと遠いっw。そして発電が終わった水が物凄い勢いでだばぁ~(∩´∀`)∩~っと出ているのでだばぁ欲(何)はそこそこUPするものの導水路の壁で堤体本体が全部見えないのはちょっとモヤモヤ。

右岸側もビューポイントらしき場所はあったのだが、お店の駐車スペースのようだったので自重。左岸側はいくつか車を停められるスペースがあるものの、堤体への距離は遠く……(´;ω;`)

フェンス越しに施設をジロジロ。ナナメなスロープは発電所への入口らしい。入りたい。(ぉ

おそらくこちらが発電所。丸いところの真下に水車があるんだろうな~。

更に上流側へ移動してみる。ダム湖側からの眺め。お日様高く上がっててまぶしーいw

さらに上流側を望む。水面は静まり返っていて空の青を映しこんでいた。

次に行きたい所があったので、早々に離脱。またじっくり時間をかけて色んな角度から愛でてみたいなぁと思った。


■DAM-DATA
ダム番号1003
型式越流型直線重力式コンクリートダム
非常用洪水吐
常用洪水吐テンターゲート×9門
低水管理設備
ダム湖名
所在地長野県長野市塩生
河川名信濃川水系犀川
堤高・堤頂長21.3m・143m
総貯水容量2546千㎥
管理者東京電力(株)
Web
本体着工/完成年1952年/1954年
場所: 小田切ダム

大きな地図で見る

0 コメント